資格と、デジタルと、文具、と。
FC2ブログ

Latest Entries

断捨離2018

住んでいるスペースが狭い上、
人数も増えたので、物がじわっと増えたなと感じていて。
猫の介護とかでわたわたしていたので、気づくと本やら
紙資料やらがたまってしまっていて、少し整理をしました。
今回、アクセサリー類を見直していて、最終的には
ジョージジェンセンの数個にしたいと思っているので
そのあたりや、あとはCDの類、本をブックオフとかに売りに出したり。。
(これがなぜか意外と高額になり、しめしめでした笑)
捨てないで売ってみるもんだーと思いました。
アクセサリーは、売っても二束三文のものなので
捨てました・・・。
大したブランドでない1万程度のピアスとかなので。
ただ、今回介護するにあたり、あぁそうっか。。と思ったのが
今の生活にあわせて断捨離していると、今までなかった目的に対して必要な物がない!となるんだと・・。
(介護とか、まさにそうですよね)
なのでめちゃくちゃシンプルライフをブログとかに公開している人(靴1足とか、
タオル2枚とか下着3セットみたいな人)は、基本的に、ご自身が健康で、
一人暮らしの人(もしくは大人2名)なんだなーと。。
あと働いていない人?!(在宅除く)ですね、、タオルは2枚で毎日洗濯をするので大丈夫という方が
いたのですが、私みたいに働いていると残業で洗濯できないときがあったり
自分がインフルエンザとかにかかって、誰もやってくれない・・みたいな時。
対応できないなと思ったからです。
ちなみに、、、タオルの類は、なぜか捨てられず、紙袋1つ分くらいとってあったんですね。
つい最近、捨てちゃおうかなと思ったのですが、猫のことがよぎり
とってあったんですけど。
でもそれは結果よくて、血とかが猫ベッドにつかないようくるんだり
するのにフル活用。むしろ足りなくて、ニトリで買い足しました・・。
タオル、バスタオル、手ぬぐいは、多少スペースとっても
とっておくのは大事かもと思い直した次第です。
(ただし、古布として使おうと思っていたTシャツとか
そういうものはだめでしたね、使いにくかったので
そのあたりは、縫い直したりできるまめな人でない限り、捨ててよしと思いました)
また、うちは花瓶がないのですが、獣医さんが猫が旅立った後
大きめの花をくださって、、、それも困りました笑
それに関しては、父親が、なぜか古いビールジョッキをくれて(昔、店舗で使っていたもの)
それを再利用し、事なきを得たのですが・・。
こればかりはほんと、かわりになるものがうかばず・・で。
あ、今思うと、プラスチック水筒で1つ、つかえそうなのがあった・・。
捨てようと思ってたけどとっておこう・・笑
年末にかけてやりたいのが本棚です。
少し説明書をファイリングしているファイルをみたのですが
3分の1くらいもう手元にないものの説明書や保証書でした。
笑ってしまいました。。。
取説も、ネットありきになってしまいますが、今ではほとんど開くこともなく
ネットで調べられるので、最低限にして廃棄しようと思いました。
あとは、ここ1年で買ったけど使わなかったものですね、。。(無駄)
・爪用オイル小分けボトル→移すのが面倒なのと、もれそうでこわくてあまり使えず
・まつげ美容液(効果が感じられないのと、まつエク復活したので不要)
・ネイルファイルの古いもの(なぜか2-3本古いのがとってあったので廃棄)
そして、売りに出そうと準備中なのがオーディオ関連です。
独りでいたときに、いろいろ揃えたのですが(たいしたことはないですが)
全然使ってない、もしくは不要になったことに気づきました。。。
1つは、ソニーのアンプとスピーカー。雷でおいきになったパソコンとつなげていたので
そのときは使っていましたが、テレビには使えず、動画系、音楽でしか使えず
かつ、テレビを買い替えて、けっこういいスピーカーが載っているやつにしたので
不要になりました。。けっこう場所もとっていて、本体についているちょっといいスピーカーで
なんら、自分は音に不満がないことにも気づいてしまったという・・。
もう1つは、オンキョーのネットワークスピーカーシステム。
こちら購入してから3回か4回しか使っていませんでした。
iPhoneとネットワークでつながって、iPhone内の音楽をきけるものだったんですけど
つなげるのに時間がかかり、だんだん使わなくなりました・・。
唯一のCDプレーヤーでもあったのですが、この前大量に廃棄したし、残っているやつも
どんくらい聞くのかなぁという感じでもあるので、セットでハードオフの
買取オファーへ出す予定です。
メルカリでは絶対に売れないし、クレーマー怖いし、ヤフオクも最近下火かつ
クレーマー多いので少し安くなっても、業者しかないなと思っていたところに
ハードオフの買取オファー制度を知り、実はソニーの方はもうだしてあります。
意外と高額になりそうで、ちょっと安心しています。
(ま、実査定額は差があるんでしょうね)
CDを聞くときは、別フロアにいこうかなと思っていますが、ほんとCDをきくという
行為自体が減って今いましたね、、
主に今は、Apple musicを利用していて、音が劣化していると聞きましたが
私のアホ耳ではなんも影響なかったです。
私が必死に片づけていたら、夫が珍しく片付けをはじめ、、買ったきりのゲーム機も
売っていいといわれたので、ささっと売ってしまおうと思っています。

最期の月曜日から木曜日

少し落ち着いてきたので書いていこうと思います。
ひさしぶりにブログを開いたらいきなり、結構前に、予約投稿したブログが投稿されていて
なんともなぁ・・・という感じだったのですが、仕方ない。

長男が亡くなってからけっこう廃人でした。
本当に関連する物を見るだけで涙が溢れる。
あぁ、人はこうやってペットロスになるんだなと思ったものです。

ちょっと前に書いた夫とケンカした翌週の通院で(夫は祖父の法事でいけず)
体重をきき、やばい!と。。 2キロを切っていたからです。
よくブリーダーさんから2キロを切るとやばいと言われていました。
たしかに、片手でいつのまにかひょいと持ち上げられるようになり、、、
1人で、獣医さんへ行くのもなんら苦でなくなってしまったからです。

とりあえず、食欲を戻しましょうといわれ、増やしていた甲状腺の薬を
減らすことに(失明の原因かという話があったので増やしていたのです)

先生曰く、本当に食べているのが不思議な状態で。
甲状腺が亢進方向に悪いもんだから、食欲が増して食べていると
いう予想でした。なので、そのかわり、ステロイドを減らしていたのですが
元に戻しました。

なので、今思うと、最期の月曜から木曜日までけっこうよく食べていたのです。
それでもカリカリが食べられなくなって久しいので、レトルトをまぁまあたくさん
という感じなので、太る感じはしなかったけど、なるべく回数を増やし、1日に5回とか
あげていました。

いろいろ調べていてしったのですが、さすが猫も高齢化社会。
介護用のフードがたくさんあるのですね、

なので、高齢猫向けのとろとろのものや、補水ジェルなどと
併用しながら、あげていました。シリンジでADをあげる方法も
ブリーダーさんから教わってはいたのですが、なんかとっても無理やりあげてる
気がして、最期まであまりできませんでした。

最期の木曜日の夜、自分の分の餌を食べた後、ほかの子達の分も
めちゃめちゃ食べました。あら!!とよろこんだのも今となっては
最期の命の火だったんだな・・・と。

もう最期の一週間は、失明の影響から、トイレも砂でできなくなり
あちこちぶつかったり、つまづいたりだったので、いろいろ探して
おりたたみ式のサークルへいれていました。
その中に、いつも使っているベッドをバスタオルで包んだものと
まわりにペットシーツをひき、抱きかかえて出し入れする状態です。

食事も、場所が自分でわからなくなったので、顔を誘導して
エサをたべさせていました。
それでも、途中でわからなくなるので、お皿をくるくる回して
という感じでつきっきりです。

彼の場合、目が見えなくなって、そして、腫瘍の影響で片方の鼻も聞かず
耳もだいぶ前から遠くなっていたので、本当に赤ちゃんに戻っていったという
感じでした。

歩き方もよちよち。でもかわいくてかわいくて、必死に介護をしていました。
お顔は、だいぶ崩れてしまっていたけど、当初予定されていた
顔の表面が腐って血だらけみたいな感じでなかったのは救いでしたけど
本当に、目が見えなくなったのはだれもが予想してなかったことで
彼が人生をしまいつつあるのはわかっていたけど、本当に
まだまだ生きて欲しいと思ってしまってましたね、、、

いわばクレーマー


この数年の間に定年を迎える方は、バブル微妙にかじった世代。
いわば、一応のイケイケの流れにのってここまでやってきた人。

仕事ができる人とできない人の格差が激しいイメージ。

そして多少できなくても、ある程度の地位まで登り
そして、ある程度の退職金を手にできる人達(に下の世代の
自分たちからは見える)

私は、業務上、そういう世代のサラリーマン生活の終焉を見送らないといけないのだが
今回、とある1名とかなりもめてトラウマとなった。

ものすごーい広い心で見れば、生まれて初めて退職(定年)を迎え(転職経験なし)
今まで、なんでもやってきてくれた会社というものから離れることへの漠然とした
不安を、自分の手で解決する知恵も、能力もなく、不安で不安で震えるおじさん。

というところだ。

もちろん、そんなかわいいものではなく、不安で震えるだけならかわいいのだが
親父なもんで、それが、半ば逆切れに。
文句いわれているこっちのほうが、まぢ、切れそう。という感想。

老齢期の人生についてのセミナーに出たいから、そのセミナー費用を会社で負担しろに
始まり、資料を送っても、わからないことがわからないから、読んでもわからない。
質問してくれと言われても、わからないことがわからないんだから、できない。と
文句のメールがくる。

しまいには、人の仕事に関して、主婦の井戸端会議レベルとまで
メールで揶揄され、怒り心頭・・。

私は、それでも低レベルな質問(だって、会社から支給されているハンコはどうすればいいのか?
とかしょうもない質問があるたびに、懇切丁寧に回答してきたが、
雇用に関する条件を提示したとたん、逆切れ親父に変わった。

どの部署でもいらない、という内容に近いものだったからであろう。

ま、ようは、こんなやつなので、60才以降の雇用先がない。
自分の望んでいるであろう条件がでてこなかったわけである。

その不満を、自分の数十年のサラリーマン生活に照らし合わせるわけでもなく
担当の私にぶつけられたのだから、たまったもんではない。

さんざん多少なりとも「長」のつく役職を一応もらい
きっと、家でもふんぞりかえっていたのであろう。

その場を失うことへの不安、承認欲求が満たされないことへの不安、不満。

迷子になった小学生のよう。
(しかし、かわいくない小太り親父)

これから、団塊世代より少しあとの世代、バブル期を体験した人たちが60前後に
なっていく、まぁ、時代背景もあり、仕事しかしてこなかった人ばかり。

これらが、社会に所属をなくして放出され、どんな世の中になるのかと
ものすごい不安を感じる。。。ま、自分も他人事ではないので60歳になったときに
こうならないようにしたいと思うけど・・。

最近、そういう方対応のセミナーにいったが、やはり少しの言い間違いで
大きなトラブルになるなど、あちこちであるらしい。
さかんに講師の方が、ここは間違えるとあとで言った言わないになる、とか。
金額については、かならず役所に試算してもらうとか、

こちらがケガをしない策をずっと強調していたのが印象的だった・・。
もうケガしましたけどね・・。

今後にいかさなければというところでした。

それにしても嫌な役回りになったもんだ。






愛猫を看取る

銀猫くんの介護について書こうと思っている間にあっという間に
一週間、二週間とたち、親思いの彼は、親に負担かからぬよう
三連休の中日の夕方に苦しむことなく、天国へ旅立ちました。

本当に、4匹の中でもダントツでいい子で。
控え目で、主張もあまりせず、獣医さんにいっても
じっといい子。いつも、ほかの子の常に後ろから顔をのぞかせているような
最年長の男の子でした。

17歳と9か月。18歳を目標にしていたので、18歳には届かずか・・という思いと
でも病気になってからの半年間、彼は本当にがんばったと思うので
やっと彼が苦しみから解放されたということ、
飼い主の私は、さみしくて死にそうになっていますが、なんとか
いい形で看取れたと思おうとしています。

介護の記録や、看取りについてはおいおい書いていくつもりですが
一応ご報告まで。まだまだ落ち着いて書ける状態でなくて。
涙腺がこんなに緩くて自分でも驚いています。

長いよね、17年。本当にありがとう。また会おうね。バイバイ。


結婚生活は楽しいですか?

結婚している人にききたいです。
結婚って楽しいですか?

私は夫と、一緒に暮らして1年、結婚して、2年目。
正直、週に何回離婚が頭をよぎるかわかりません。

一緒に住みだして、あれ・・と思ったのは、大晦日だったかも。
初めての大晦日なので、いろいろ買い込んで、鍋とかを楽しんで私は紅白を見るのが
毎年の恒例だったのですが、夫はそういう習慣がなかったようで、紅白がつまらなかったらしく
だんだんだんまりになり、もう寝る!といってテレビを勝手にけし、寝だしました、

私はその年、裏で録画してあったのをあとでこっそり見たかと思うのですが。

そのあたりからおかしいと思うことがふえ、ピークは結婚式の詳細を決めるとき。
こうしたほうがいいよね?とかやりとりしていると、とたんに、不機嫌になり
言葉を荒げる。それも、かなり怖い。
もちろん、たいしたことでもない・・・。

失敗しないように失敗しないように慎重に相手を選んだつもりだったんだけど
だめだったね、、というのが本音です。正直、5年もつ気がしていません。

というのも、私が、過呼吸とか、心臓ばくばくとかを起こすようになってしまったこと。
ああ、夫が機嫌悪いと思うと、もうだめで。
薬を飲む生活です。パニック障害ではなく、不安症みたいな感じのようですが。

なので、夫と何かすることがなくなりました。
楽しくないからです。

映画も、人混みで機嫌悪くなる、道で人が並んで歩いてると、
死ねばいいのにとかつぶやく夫が嫌で、行かなくなり。ぶっちゃけ逃げ場所がなくなる
遠出は昨年大阪にいったきり(日帰りで)。大阪はかろうじて、なんとか、ブチ切れはなかったけど
鎌倉にいったときは、最悪だった。

自分が行くといった大仏で、面白くない!と突然叫び、そこから、だんまり。
私よりも先に歩き、私は、5メートルくらい後ろを歩き、もう本当に嫌だと
思いながら、、、、
鎌倉の有名店の喫茶店でもぶつぶつ。
私は、夫がいつ切れ出さないかハラハラするしかなく。
(といっても、他者には攻撃せず、私にだけ・・・)

それも、鎌倉は、私が選んだしらす丼のお店がけっこう待たされたんですね。
それが怒りの元だったので、ほぼ1日機嫌悪く。でも、帰りの電車では
楽しかったねーまた行こうね。と言われ、
え?頭おかしいの?と思ったこと忘れません。

女って残念ながら積み重ね。小さく小さく積み重ねられたことって、戻らない。
なので、僕はこんなになでぃこのこと好きなんだよとか、最近いわれるのですが
話10%くらいできいてしまう。

なぜ、ずっと書かないでいたのに、今日書いているかというと、朝からものすごい機嫌が悪く
最悪な日曜を過ごさせていただいてるので・・・。

喉の上の方まで、離婚しますか・という言葉が出てきています。
今、前の記事にも書きましたが、毎週獣医さんに行っています。

ま、彼からしたら、自称可愛がっている、とはいえ、お母さんは大の動物嫌い。
彼も、私からするとそれほど動物好きに見えない部分も多々あり、、
猫たちに接する態度に関してしょっちゅう喧嘩になる。

私だって、フルタイムで働いていて、毎週の獣医さんは大変と思うことはある。
でも、やめちゃおうかなとか、それで不機嫌になったりはない。
命を自分が繋ぎたいと思っているから。

昨日の夜、はぁー明日獣医さんか・・・と呟いたので、なんなら、明日、私一人でいくよ
と、伝えたのだが、いやいやいきますよーと言うから、じゃ・・と思っていた、

朝、起きない・・。
9時12分のバスには乗らないと朝一に乗り込めなくて。
家からバス停までは5分かかる。私は8時にとびおき、他の世話をして
機嫌がいいときには、そうやってくれるので、途中で交代して彼に
銀猫くんが食べるのがどうしても遅いから、薬が入っているので他の子に
とられないように、見ててもらい私が化粧とかするようにしてるので
自発的にきてくれていないけど、仕方なく、下から彼を呼んだ。

しぶしぶ彼がきてくれたが、その間に私は用事をおわらせ準備完了。
彼はいつも俺の準備は3分だというのだが、じゃ、私、キャリーにいれてまってるね
とおりるときに9時5分前。10分あれはくるだろうと思っていたのに
ちーーーっとも降りてこない、

がちゃがちゃと、いつもはやらない皿の片付け?歯磨きなんぞやっている
音だけ聞こえる。もはや私には意味がわからなかった・・

気づいたら9時6分・・。12分のバスに間に合わない!!
行かないと言ってくれた方がどんなにましか・・。

いやね、別にわたしは、獣医さんで待つのは平気なんです。なんてたって動物大好きなので
獣医さんで、他の動物とかみてるの好き。犬は見ているの大好き。

しかし、彼が待つのが大嫌い。獣医さんで、吠える犬がいれば、うるさいな・・とつぶやき
鳴く猫がいればにらみつける・・・正直そんな人待合室にあんたしかいないよ、という感じ。
だから、どちらかというと、夫のために急いでいるんだけど・・なのだ。

やっとおりてきた・・と思って、もう9時8分。なのに、共同の財布もった?といきいたら
え、、ない。

ありえない!!(いつも彼が持っているので)
先にいっていていいよ、といわれたので(ちなみにそういう会話も全て仏頂ヅラで目も見ないで言う)
私は結局走ってバス停へ。

バスには間に合い、息を切らしていると、彼がドアがしまう5秒前に入ってきた。
私の隣があいているのに、遠くに座り出す。
そこでもえ?

獣医さんついてからも並ばない。
離れて座られ、呼ばれたときも、獣医さんに挨拶もせず、傍の椅子にどかっと座り
ずっと死んだ魚の眼で宙を見ていた。
こちらで獣医さんと笑ったりしていても、ずっと真顔。
死んだ魚の眼。

無表情で傍に座る男。

勘弁してくれなのだ・・・。

一番のりできたので、早く、終わることができたのだが、帰りも始終無視。
お昼どうするー?と普通に話しかけても無視。

お昼は、結局外で食べることになったが、こんなに機嫌悪いなら一緒にいきたくないと
いったら、機嫌悪くないと、目も合わせないで言われ・・。
いくなら、早く用意して、3分で。
といわれ・・(朝のあなたは、なんだったんだよと思ったことは言うまでもない)

いつもいく、立ち食い寿司に行ったけど、一言も喋らず。
ただの隣にいる人。
お茶をいれようとしたが、お椀奪い取られるいきおい。

もうこんなのしょっちゅうなので、妹にもずっと離婚したら・・と言われてます。

パワハラな毎日なのです。
なので、結婚生活は楽しくなくて。
銀猫くんのことで、少しは、結束したかと思ったけどだめでしたね・・・。

Appendix

プロフィール

nadiko

Author:nadiko
デジタル(カメラ、ガジェット)、台湾、文具、動物大好き。

フリーエリア

www.flickr.com
ayachann's items Go to ayachann's photostream

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる