資格と、デジタルと、文具、と。 |師匠という立場にある人

Entries

師匠という立場にある人

私は、ずっと身体を、動かす趣味を数年やっていて
でも、最近、急に疲れを、感じていてちょっとお休み中。

で、前からずっとやりたかったとある習い事を昨年年末から始めた。

いわゆる、「道」が、つく世界に近いのですが。

ネットで、いろいろ探し、まず、
わぁ、、この方みたいな作品を作りたいと思った師匠Aへ問い合わせした。

本をだしてたり、テレビにもでたりしてる方。
本人からと思われる返事だった。

わー。すごい緊張…

でも、すごくやりたくて教わりたくて
メールの、やりとりを、何回かした。

そのうちに、??と、思う返事が…
人を見下したような言い方や、死ぬほど練習しなくてはうまくならない、など。

いや、なんでも、わからないことがあったら
きいてください、と、いわれたので
正直に、今、仕事をしておりとれる時間は
限られているが、どうしても、教えていただきたい、
など、失礼なくメールしていたつもり。
ちなみに、サイトには、どんな人でもできます
ともちろん書いてある(笑)

最後は、仕事をしながらはできないと、まで
言われ、、、あ、そんな世界でしたか、、と思い、諦めたのである。
ちなみに、まちがいなく、そんな世界ではないです。
どなたでも、趣味の延長的なものです。



私の印象。

師匠と、いわれる人は、横暴である(笑)

だった。他の教室の三倍くらいの金額を
とるのに、生徒なんて引く手あまただから
お金持ちの主婦の趣味としてでしか
認めないのか、、と言う印象だった。


私は、働いているしね、、
ご縁が、ない(笑)

と思って、いろいろ検索してたら
その師匠が、7日で習得、アッという間にできるんですよ、その秘技をおしえます。

というビデオをだしているのを知った…

かなりひいた…


なので、その師匠には、かかわらないことにして、
メールもむかついたので、全部消し去っていた。


で、別のところで、始めたのだが
基本通学で、別枠で、通信もやってる
というところ。


けっこう、楽しんでやっているのだが、
当初、自分のペースで、、とか、言ってくれてたのに、
すこしでも、課題提出が、遅れると
注意のメールがくる(笑)

また、なんでも、質問ください、というから
質問したら、また、注意される(笑)

少しずつプレッシャーになってきた。
意外とスパルタだった汗

また、仕事が、立て込んで残業が、多い季節と、
かぶってしまいリズムがくずれたり、
連れが、家に仕事の関係で泊まりにきてると
できなかったりと…

なんか連絡はくださるんだが、そのたびに質問はどんなことでもと言われ
する度に、え?とえ?と思う回答も多く、

じゃあ、なんでもって、いうなよとと、思いながら数ヶ月。

通信なら通信だけのほうが、いいのかなと想っていた矢先。


その師匠が、なんと、私の地元で、実技研修会をするからぜひ参加してください、とメールが、きた。

最初、行こうと思ったが、かなりの費用と
自腹のランチ会。

うーん、ちょっと高い上に、初めて会った人と、ランチ会??

私は、人見知りだけど、人見知りでないように話をするタイプなので、死ぬほど疲れるのは目に見えていた。

そんな緊張するシーンで、実技なんてまともに習得できないとも思った…

と、いうわけで、さんざん悩んだあげく、、参加をご辞退した。
もともと、用事もあった。

そしたら、その師匠にいくらメールしても、返事が、こなくなった…


えーー(T_T)って感じ。

たまたま、お忙しいのかも、しれないが、、、


あー、師匠って面倒くさいとがっくり。


私は、そういう世界にむいてないのかも。

それで、とうしていいかわからず、
悩んでいたときに、たまたま
師匠Aのサイトをみた。

やはり、この人の作品は、好きなんだよね、、

→このとき、どんなにムカつかされてやめたか忘れていたアホな私

思い切って、もう一度メールしてみた。

そこは、案内はメールでしかなく、
過去メールを、探してもみつからなかったからだ。
(今思えば、嫌な思いして捨てたんだからないはずだ(笑))

速攻返事が、きた。

絶対に、忘れてると思ったが、一応
一度問い合わせを、してる旨、また、
メールを紛失しており、お手数だが、
案内を再送してもらえないか、と
かなり丁寧にメールを、した。

きた返事。

ここにコピペしてはってもいいですかね?

やめておきますが(笑)

メール再送は、しないと、書いてあり
あなた、本当は、どうせできるんでしょ。
(できる、というのは、その『道』の話。
できるなら問い合わせしないっつーの)

で、終わっていた。ポカン。

そのメールをみたとき、あーこいつ、
そういや、嫌な奴で、だからメールなかったんだ、
と、そのときやっと思い出した…

あほだ。自分で、すすんで嫌な思いをしてしまった…

けっこうな年のかたなんですがね。

まわりが、頭しか下げないとこういう人間になるんだなぁ、、、と思った。
私は、一生そういうポジションに、なることはなさそうだけど。。

さて、音沙汰内のない師匠に頑張って作品だしますかね~

私は、別に段とかをとりたいわけではないので
ここまで師匠疲れする必要が、ないのかな~とも、思う…

・・・その後、師匠Aから案内メールがきました。
ご機嫌が悪かったんですかね。。

さぁ、どうしようかな。。

あいかわらず、通信の師匠からは音沙汰もない・・・
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nadiko.blog.fc2.com/tb.php/29-d2b3b78f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nadiko

Author:nadiko
デジタル(カメラ、ガジェット)、台湾、文具、動物大好き。

フリーエリア

www.flickr.com
ayachann's items Go to ayachann's photostream

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる