資格と、デジタルと、文具、と。 |猫が急性腎不全に①

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nadiko.blog.fc2.com/tb.php/441-482e0e92

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

猫が急性腎不全に①

私の家の猫はそれなりに高齢です。

長女 13歳
長男 13歳
次女 12歳→糖尿病
次男 7歳

次男くんが、とっても若くてぴちぴちして見えるのですが
気づいたら、7歳でした。それもショック・・。

長女は、一度足に、良性腫瘍ができたくらい、長男は、一時、膀胱炎、ほんとそのくらいで
みな、病気がちとかなく、健康にすごしていた方かと思います。

私の最近の悩みは、次女の糖尿病と、やや長女が痩せてきたなぁと思っていたことだったのですが
長女も、痩せてきたけど元気で、食欲もまぁあったので、加齢性と慢性の腎不全はありそうだなと
思ってました。

前回のブログでも書きましたが、私の頭の中での、虹の橋を渡っていく順番はきっと

次女(糖尿病)
長男(大型猫だとオスのほうが短命)
長女

だと、10歳をこえた子たちに関しては想像してました。
そういう風に心の準備をしておこうと思ってはあったのです。

で、次女であたふたやっているうち、今週の水曜日。
急に寒くなった日ですね。

帰宅すると、次女はとっても元気!長男はいつも通り。
あれ、長女が、いつもは飛び出てくるのに、出てこない・・・。

昨日までは、ほんと、うるさすぎるほど元気で、
いやいや13歳とは思えない元気さだな、と思った矢先。

どうしたのよ~と見に行くと、立ち上がってこちらへきました。
過去にも、寒くてあまり動かないこともあったので、寒いのかな・・と
思って、温かい毛布とか、暖房を温度あげて、抱っこしたり
いろいろして、餌も少しは食べたので、大丈夫かなと思って
就寝。

ちなみに、彼女は、前も、たまに昼間いやなことがあったりすると
そういうことがあったりしていたので、躁鬱が激しいなぁ。年かな・・なんて
思っていたんですね。。

そして、木曜日。
帰宅すると、やや!また、動かない。
その上、たちあがったのに、少し歩いて、少し泡みたいなのを吐いて
また、どっかへ行ってしまいました。

これは、何か、様子が相当おかしい・・。
なんだなんだ?もしや、金曜日(獣医さんへいくために有休をとっていた)
2匹連れて行く?いや、それは厳しいぞ?
頭の中がぐるぐる。

しばらく、様子を見ていたのですが、寝ているというより、なんか倒れているみたいな
感じになってきたので、不安で仕方なくなり、いつもは入れない寝室に連れ込んで
その日は一緒に寝ました。
体温も低い気がして。死んでたらどうしようと思って、あまり眠れず、何回か
目を覚ましては、猫の様子をうかがって。


次の日、朝は平気そうだったので、午前中だけ出社して、帰宅。
その時間だと、獣医さんは休診の時間帯だったので、昨晩あまり眠れなった
私は、また、布団をひいて、長女を連れてきて、一緒に少し寝て。
ちょっと元気になってきた気がする・・・。

よかった!となぜか、思って、猫の部屋へ戻し・・
今日、明日と、2回続けてもいいから、とりあえず、糖尿病の子を連れて行こうと
キャリーを用意し、いれようとしますが、どうやっても入らない・・。
それはそれは、ものすごい抵抗。
この前連れて行かれたのを相当根に持ってる様子。

悪戦苦闘しているうちに、ぱっと部屋を見ると、やはり異様なほど、
うずくまった長女が・・・。

え!これは、もしやこっちが先かも?ととっさにジャッジし
長女をキャリーへ・・おとなしく入っていきます。

そして、バスにゆられて獣医さんへ・・・。



関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nadiko.blog.fc2.com/tb.php/441-482e0e92

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nadiko

Author:nadiko
デジタル(カメラ、ガジェット)、台湾、文具、動物大好き。

フリーエリア

www.flickr.com
ayachann's items Go to ayachann's photostream

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。