資格と、デジタルと、文具、と。 |集団感染騒動(猫)①

Entries

集団感染騒動(猫)①

ここしばらく大変だったこと。

老齢化した猫たちの体調が安定しなかったことです。
長男(16歳)長女(16歳くらい)次女15歳、かなりの
良い年齢になってきました。長男と次女は大型猫種なのもあり
かなりの高齢に該当します。(長女は三毛猫mixなのでね)

5月のゴールデンウィーク明け、うちの三毛猫はすぐ鼻炎をおこし
鼻水たらーんによくなるのですが、鼻水ひどくなってきたな・・と
思っていたら、先に帰宅した同居人から、長女が目から黄色の鼻水だしている
とわけのわからない連絡が・・・

仕事終わって帰宅してみると、鼻は完全につまり。目も黄色い
目やにで目の半分がおおわれている状態で、ぐったり・・。
いつも帰宅すれば飛び出してくるのに、長女だけベッドから顔をあげるだけ。
口をあけても、声がでません。

前日まで、鼻水だけだったのに突然の悪化・・・
なんてこと!!!

ふいてもふいても、でてくる鼻水と目やにに本人もつらそう。
猫は鼻で餌を判別しているのもあり、鼻水が詰まると
ご飯を食べなっくなってしまう・・。

あれやこれや、臭いの強そうな缶詰をだすのも食べません・・。
彼女は、腎臓も悪いので、脱水もひどく危険な状態と
感じ、速攻病院へ行きたいけど仕事が休めない・・

食べないことで、脱水は悪化。皮膚をつねっても皮膚が戻らない・・これはやばい。
2日ほど耐えてもらいやっと週末、病院へ・・。

その時、他の老にゃんずは、元気いっぱいで、伝染性のものではないんですよね
なんていう話をして、長女だけケアをしてもらい。
脱水を直すための点滴、抗生剤の注射、錠剤の薬、点眼薬(点鼻もできる)を
もらって、帰宅・・。

そのぐったりぷりに、本当に死んでしまうかも・・とよぎる。
なんせ16歳といえば人間でいったら80歳とかなのかな・・?
感染症とかでなくなってしまってもおかしくない年齢ですよね。

一番最初に自分が飼った猫であり、同志みたいな感もあり
治ってくれーとにかく食べてくれーと祈る日々。

この食べてくれないって本当にストレスなんですよね。
ほしいととうるさい方がストレスでないこと、痛感しました。

会社でも、子供が食べてくれないという悩みはよく聞くのですが
まさに、その悩みの深さ・・そして食事時間の憂鬱さ・・
はんぱなかったです。
食べないと、死んじゃうよ・・と言い聞かせながら、指につけて
少しでも舐めさせたり、試行錯誤。

長女以外はがつがつ食べてくれていたので、あぁ、よかったな・・と
思いながら、必死に長女だけ薬あげたり点眼したり、目やにや鼻くその
掃除をまめにして数日・・ようやく食べるようになってきた!!
よかった!!

あぁ、本当によかった・・と思った、次の日くらいまた食べなくなってしまった・・。
結局その週末、3日連続で獣医さんへ通い点滴となりました。
しかし、朝おきて猫の寝ている部屋へいくと
そして、誰かが下痢をしている・・?

最初、点滴で大量の水をいれているのもあり、そのせいで長女が
下痢をしたと思っていたんですが・・・それがとんだ間違いだったという・・・。
つづく

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nadiko.blog.fc2.com/tb.php/527-60a03ae7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nadiko

Author:nadiko
デジタル(カメラ、ガジェット)、台湾、文具、動物大好き。

フリーエリア

www.flickr.com
ayachann's items Go to ayachann's photostream

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる