資格と、デジタルと、文具、と。 |次男、歯科治療①

Entries

次男、歯科治療①

うちの唯一の若い子、次男くん。

と言っても、11歳くらいになった。うちの4ニャンからしたら唯一若いわけで
友人に「うちの一番若い猫が・・」「いくつ?」「11歳くらい?」「若くないじゃん・・」

と言われてしまったのだが、4ニャンの中では若い。

しかし本当に、猫というのは10歳を超えたあたりから色々起きる。
うちの他の3ニャンのことはすでに色々記載してあるけど、本当に4匹いると
これだけ多様性に富むか?と頭を抱えてしまうほど。

これで次男が外科的なことできたら嫌だなーと思っていた矢先
(上の人たちは、腎不全、甲状腺機能異常、糖尿病である)

犬歯が、どんどん下に下がってきて、経過観察するしかないと言われていたのだがある時見ると
うひゃーグラグラに!

たまに内側にはいってしまい、口を閉じにくそうにしているようになったり・・・。

これはやばい。スパンと抜けてしまうといいなと思っていたのだが、なかなか抜けない。
食欲はあるので、安心はしていたものの、こりゃ、飲み込んでしまったり、抜けた穴が
炎症とか起こしたらまずいなと思って、先週末に病院へ。

先生は、見て、あちゃー、ん?取れるかも?
ピンセットをさっと突っ込み、すぽん!と抜いてしまった。

わぁ。よかった!

しかし、他の歯をチェックした先生、これは他の歯も・・・
確かに、上の3匹では見たことがないくらい歯石が・・・。
そして、素人の私が見ても、わかるほど。歯ぐきが下がってしまっている・・・

歯石を取るのと、他の歯も抜いたほうがいいかもと提案を受ける。
年齢的に全身麻酔をかけるにしてもギリギリだ。
これは、決断するしかないなぁ、ということで、土曜日の朝一に
連れて行き、歯石を取ってもらうことになった。
先生は、予想ですが、たぶん、抜歯になって、一泊入院になるかな。と。

私も一度に済ませたほうがいいのは感じていて、その時はお願いしますと
伝えて、帰宅についた。

案の定、夕方、やはり抜歯となり入院で
お願いしますと電話が。

覚悟はしていたので、仕方がない。
ええぃ10万コース。
でも、老人になって手がほどせなくなってからでは遅いからね・・

さて、どうなることやら。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nadiko.blog.fc2.com/tb.php/537-79a24af1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nadiko

Author:nadiko
デジタル(カメラ、ガジェット)、台湾、文具、動物大好き。

フリーエリア

www.flickr.com
ayachann's items Go to ayachann's photostream

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる