資格と、デジタルと、文具、と。 |靴ジプシー③
FC2ブログ

Entries

靴ジプシー③

Kiberaキビラのサイトを見たとき、これなら履ける上に、かわいい!!と
感動した。価格もそれほどではない!と思ったが、よく見ると合皮・・

あぁ、合皮か・・と思ったけど(その割には高い)
でも、普通に考えたらオーダーメイドの靴なんてもっとするわけだし!

と言い聞かせて、予約!

今思えばもっと評判を調べればよかったのだが、なんともテレビ番組に
いとも簡単にのせられたわけである。

テレビの影響か、なかなか思う日に予約がとれず、ようやく予約がとれ
意気揚々とkiberaキビラへ。

マンションの一室的な、殺風景な店内。
事務室に、ただ、棚をおいて、靴が並んでいるだけの暗いところだった。
(その後、すぐそこは閉鎖されて、ショッピングセンター内へ移動したので
仮店舗だったのかも?ま、もう二度と買いませんが・・)

計測は、え?これでいいんだ?というくらい簡単。
機械に足を裸足でぶっこみ
数十秒で終わるものだった。

へー

最初の説明えは左右同じサイズであれば、この最低価格だけど
左右違う場合は、金額が上がると言われていたが、案の定サイズ違いますね
と言われ、左右違うサイズを持ってこられる。

(どんなサイズだったかも忘れた。。)

ワイズの説明とかも全くなく、どの形がいいか確認され
色と形を選ぶのみ。
持ってきて履いた感じは、お試しのものだから、いろいろな人が
履いたあとなので、それほど痛くは感じなかった。

何足か履き比べ、まぁ、大丈夫かな?というものを見つけ、その時は、履く靴が私はないんだ!!という
焦りと、オーダーしてしばらくかかると言われたことから、2足注文。
ヒールが低いものと、ちょっと高いものを選択した。
ぴったりあうものがなく(オーダーなのに今思えば・・)
よくある補正のジェルクッションなんぞをセットで買うことをすすめられる。
私は、その時は、ヒールだし前すべりは当たり前、結局必要なのね、と思って
購入。
そして待つこと一ヵ月くらい。。

郵送でお願いしたので、郵送で届いた。
ようは出来上がり後のフィッティングなしなのだ。
(でもその頃は無知で、違和感なかった)

わーい、やっと来た!
履いてみる。・・・・うっ!w

ヒールが高い方は、ほとんど歩けなかった。
こ、これは・・?

でも、私の中で、靴は痛いものという思い込みもありヒールも痛いものという
思い込みも邪魔をして、慣れれば大丈夫だろうと言い聞かせ、1足がんばって
おろすことにした。

早速会社へはいていく。
ちなみに、うちは3階で1階まで階段を使うことが多いのだが
1階までいった時点で、足が激痛だった。

両足の踵、小指、親指つけね、全てが痛い。
でも、靴は痛いものという思い込みがある私は、慣れれば平気・・
と言い聞かせて、出社。これはオーダーメイドだという思い込み。

とりあえず、1日過ごす。

今でも覚えているがその日、夜、急な飲み会があり、オールしたのだけど
トイレ行くたびに、酔いがさめるほどの、激痛で、ばんそうこうをはりまくってなんとか
過ごしたという感じだった。

こ、これがフルオーダー?
一度電話をしたような覚えもあるが、合皮であるため、ほとんど
のばすことはできない、また、一度履いてしまったら当然ながら
返品もできない、また、左右違うサイズになっているので返品も難しいと
言われたような気がする。

1日はいたあとは、その後一週間くらいほとんど怪我人だった。
お風呂でお湯や石鹸がしみるわの辛い辛い日々。
しばらくばんそうこうだらけの足を厚めのタイツや靴下で守って、痛い足をひきづりながら、
痛くない靴を履いて、なんとか過ごすという感じ。

ならすなんて到底無理だと感じた。
修行かよっって感じだったw

ちなみにヒールが高い方は、1階まで下りた時点で
もう無理です・・となり、引き返して、違う靴に履きかえてでかけるくらいの激痛ぷり。


機械で計測して、はい、これが一番マッチするはずの靴です
というものが、でてくるシステムなのね、、、というのが、数万円はたいてわかった結論だった。
想像のフルオーダーとは違ったわわけだ。

オーダーメイドで作っても当然痛いということはあるわけだが、
通常は、インソールを駆使したり、して、痛くないように補正していく過程があるかと。

そこがすっぽりぬけているのである。その上、のびない合皮のパンプスなのだ。

それでも何度か、耐えて履きました。だって高かったんだもん。
悔しくて。でも、そのたびに、怪我人と化し、もう、本気で無理!!と半分怒りながら捨てたのが昨年です。

もう中途半端なオーダーメイドはこりごりだと思いましたね。
というか、あとで、わかったのですが、あれはオーダーメイドでないんですね。

あの計測値を使って、作り上げるのかと思ったら
あの計測値に一番近い靴という感じだったんですね。

フルオーダーメイドではなく、セミオーダー?でしょうか。
もちろん、木型があって、ぴったり履けている方もいると思うので
私が、駄目だっただけかもしれませんが、オーダーメイドだから
お金を捨てることはない、という思い込みは間違いでしたね。

そんなこんなで、ほとんど靴購入恐怖症となり、この1-2年は
何足か買ったものの、痛くてはけない靴が靴だなに並んでいる状態でした。

こんな足なんなんだ?と呪いながら。
というか、自分は我慢が足りないだけだと思ってましたね・・




関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nadiko.blog.fc2.com/tb.php/551-34433f78

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nadiko

Author:nadiko
デジタル(カメラ、ガジェット)、台湾、文具、動物大好き。

フリーエリア

www.flickr.com
ayachann's items Go to ayachann's photostream

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる