資格と、デジタルと、文具、と。 |まつエクやめた、その後

Entries

まつエクやめた、その後

まつエクをやめて、数か月が経過した。
昨今の化粧品開発技術力の向上のおかげで、
水で落ちないけどお湯でおちるマスカラ、アイライナーに
助けられ、意外といけている。
愛用品は、最初、塗るつけまつ毛だったが
今は、ダントツ、フローフシの製品。
めちゃ快適です。

というか、ほんと、周りは、気づかないんだなぁ。というのが
感想、唯一、家族以外で、すごい違ったよ!とまつエク時代を
言った友人は、小学校時代から高校まで一緒に過ごした友人1人のみw
たぶん家族並みにすっぴんに見慣れているからかと。

会社の仲良しは、

いやぁ、つけてないところ見たことないからわからないですね
というから、いや、今ついてないって、
え?そうなんですか?

そんなもんなのである。
まつエクってほんと自己満なんだなぁと痛感している日々。

私は前、まつエクをつけていたというのもあり、つけている人を
まじまじとつい見てしまうのだが、とれかけはほんと微妙ですね。
ぴんぴんぴんと数本長くはねあがるまつげって。

知らなかったなぁw
という感じ。

不便になったことといえば

・トレーニングにいくときに化粧をしていかなくなり
 そのあとの、おでかけが気楽にできなくなった
・多少化粧時間が長くなった(といっても5分くらい)

正直、まつエクを2年もほぼ欠かさずつけていたのだが
自分のつけていたときの顔を忘れてしまった笑

妹いわく、ものすっごい違和感だったとなぜか後から言われたのだが
たまたま、スマホで自撮りした写真(髪型のチェックのためだったんだけど)
があったので、見てみたら、笑ってしまった。
けっこう、ほんとだ、頑張りすぎかつ、あとは違和感なのである、

自分では悦に入っていたが、冷めるとこんなもんなんですなぁ。

そして、やめてつくづくよかったと思っていることがある。

花粉である。

というか、今思うと、グルーにアレルギーを起こしていたと思う。
ほぼずっと、まつ毛の際がかゆかったのだ。
しょっちゅう、かゆかったので、まつげの際と粘膜の境を
爪でそっと、日常的にかいていた。

自分では花粉だと思っていたが、今、花粉の季節真っ最中だが
全然、そこはかゆくない・・・(他はかゆかったり、鼻水だらだらなのだが)

ま、まつエクのせいではなく、単にまつエクをしていることで
あまりゴシゴシ洗えなかったせいでまつ毛にゴミがたまりやすかったり
もあるらしい。それが原因で
不潔な状態になりトラブルも起きているという記事をみたことがあるし。。

また、その際に白いぽちっっていうのもできることが多かったのだが
それもほぼなくなった。
また、とれかけの時期にまつエクがくるんとなって、目にぷすっとか
根本が目にぷすっとかもなく(結構いたい)そこも快適だったりする。

というわけで、体にもよさげそう。
かつ、まつ毛にすごいあった「何かつけている」感もなく
快適。これも、進化した化粧品たちのおかげでもあるのですが・・。

まぁ、もう復活することはないと思われるので
とりあえず、金かかり虫のものが一つ減ってよかったなぁという
今日この頃である。







関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nadiko.blog.fc2.com/tb.php/596-55e6ad1c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

nadiko

Author:nadiko
デジタル(カメラ、ガジェット)、台湾、文具、動物大好き。

フリーエリア

www.flickr.com
ayachann's items Go to ayachann's photostream

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる